本文へスキップ

はり・きゅう/ほねつぎ/スポーツ・ケア/ポダイアトリー&フット・ケア

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0829-38-4313

〒738-0034 廿日市市宮内4317番地

ポダイアトリー(Podiatry)のご紹介

ポダイアトリーは、インソールによる足の調整法です。

1999年にオーストラリア製インソールの作成を開始して以来、実業団選手やプロ野球選手、競輪選手から一般のアマチュアアスリートまで様々な方のインソールを作成した経験を持っています。どうぞ安心して足のお悩みをご相談ください。

 インソール作成の流れ
 1.問診票を記入します

身長や体重、趣味やスポーツ歴、職業など、足の機能に影響する可能性のある事柄について記入してください。
痛みを軽減するためのトレーニングやストレッチ、または日常生活でのアドバイスができるかもしれません。
    2.生体力学的分析

足の柔軟性や形態的な特徴を計測し評価します。歩行評価なども併せて行い、荷重のかかった状態で足がどのような変化をしているかを分析します。
   3.足の写真撮影

荷重した足がどのような状態であるかを記録するために写真を撮影します。
   4.インソールの作成

フィットセンターと呼ばれる椅子に座って、非荷重の状態で足にインソールを合わせます。
   5.フィッティング

インソールを実際に足に着けてみて違和感などがないかを調べます。またインソールを装着した時に、装着前とどのくらい補正力が働いているかを画像でチェックします。
次に、インソールの手入れ方法や管理方法など、使う際の注意点などをご説明します。
   6.慣らし期間
約1時間ほどでインソールの作成が終わります。
使い方の説明が終わりましたら、約1週間ほどの慣らし期間を取っていただきます。これは長い期間悪い位置で機能してきた足が、急に良い位置に変更された為に出る違和感などを減らすための作業です。
慣らしの期間は、競技スポーツなどには使用せず、日常の生活の中やウォーキングなどで新しいインソールに足を慣らせてください。
1週間が経過したら、どんな状態で使用できているかをメールしてください。

皆様の笑顔を想像しながら、インソール1足1足を作成していますので、お喜びのメールを頂くこの瞬間が一番楽しみです。勿論トラブルの報告もこちらでお受けしています。トラブルの対処法も訓練されておりますので安心してご相談ください。。

足病医学のバイオメカニクスから見た、優しい靴の選び方

インソールを入れる靴がすり減っていたり、構造上の欠陥を抱えていたりしたらインソールの効果が半減してしまいます。ここでは、足病医学のバイオメカニクスから見た足に優しい靴の購入の仕方をお教えします。
バイオメカニクスから見た「足に優しい靴の買い方」です。QRコードから動画をご覧いただけます。

これまでの足病医学への取り組み
 
オーストラリア足病医協会々長 
アンドリュー・バン・エッセン足病医
 
 足病医学バイオメカニクス・ワークショップパートT終了証

オーストラリア足病医協会々長 
アンドリュー・バン・エッセン足病医
 
ストレッチングを担当していただいた
アンドリュー・ウィルキンソン理学療法士
 
ネガティブ・キャスト作成とグライディングを担当されたリン・カインズ足病医

神経性疼痛とその治療法を担当していただいたマイケル・シャックロック足病医
 
歩行と歩行評価について担当していただいた
ナイジェル・ロウ足病医
 
ネガティブ・キャスト実技を担当していただいたロルフ・シュオルフブリング足病医
 
静的評価を担当していただいた
パット・クスタンス足病医
 
サウスオーストラリア大学発行
足病医学バイオメカニクス・ワークショップパートU 終了証
 
コンピューターによる歩行分析を担当していただいたナイジェル・ロウ足病医
 

 IGL医療福祉専門学校で柔道整復師の卵たちに足病医学について講義をさせていただいていました。
   

ポダイアトリーの世界で著明なアメリカのクリス・スミスDPMの指導を仰ぎ更に技術の向上を目指しております。
   
 
ノースウェスト・ポダイアトリック・ラボの認定証
(クリス・スミス足病医)
 

    
copyright©2020 Judo-Therapu Yamamoto all rights reserved.
このページの先頭へ
山本接骨院廿日市市宮内4317番地山本接骨院

午前10時〜12時、午後3時〜7時
日曜祝日、木曜午後・休診
TEL 0829-38-4313
mail footcarelab@live.jp

六本松交差点ファミレスジョイフル隣